その先にあるのは、挑戦か、衰退するか。

会社は売上をあげなければならない

設立10年のコンサル会社。

ここ5年はずっと売上1億。

従業員10名。

優良企業では有りそうだ。

利益は毎年200万程度

コンサル業は基本的に仕入れは少ない。

1億でかかる経費は家賃と人件費と交際費程度

基本人件費率が高い。

この会社の詳細はおいておいて、

5年据え置きの売上、利益はすこし出ている、

という状況を、ひもといてみよう。

立ち上げから5年は右肩上がりで5年で一億の売上

それ以降は売上が1億どまり

スタッフは5年から10名で入れ替わりもほとんどない。

となると、5年間同じメンバー。

スタッフが定着するのは、基本的にいい会社である。

が、後半の5年で売上が変わらず、

スタッフだけが5歳年を取る。

となると、スタッフの給料があがりにくい状況であることが、推測できる。

これ、

リアルで考えたら。

この会社は、数名は退職者(転職者か独立)がでる。

当然、

人は年を取れば給料を上げたい。

会社は確実に売上をあげなければ成らない、

どんな会社でも売上を伸ばしていかなければならない。

挑戦しなければならない

では、5年間同じ売り上げの既存の事業を

同じメンバーで伸ばせるだろうか?

ほとんどの場合、

応えはNO

ほとんどの経営者がこう応えるだろう。

人は、変われない。
変われる人であれば既に売上を伸ばしている。

運が良ければ、周辺環境の並に乗って伸ばせる。

が、これは運が良ければ。

では、

新しい事業にトライできるか?

トライできるか?

ではなく、売上を伸ばす、を前提にしたら、トライしないとならない。

やってみなきゃ分からない。

でも怪我したくない。

という心理がはたらく。

怪我したくないなら、動かなければいい。
けど、動かなければ、時間のみ浪費する。

そう、この浪費こそ、

最大のロスでリスクだ。

時間は最大の資源。

何もしない、伸びない既存の業務だけするなら、

時間を使って経験を積んだ方が、

よっぽど、未来への投資ができている。
プラスマイナスゼロは、時間浪費分だけマイナス。

さて、

もし、既存のことが、悪いなら当然挑戦しなければ。

悪くもなく停滞しているならば、

やってみる? or そのままでいる?

どっちがいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。